1年に1回、祖父母に感謝の気持ちを伝えよう

プレゼントボックス

孫と遊びたいおじいちゃん、おばあちゃん達

婦人

何歳からお祝いするの?

孫が生まれるタイミングはみんなそれぞれ違うもの。おじいちゃん、おばあちゃんになる年齢に決まりはありません。敬老の日には孫からのギフトをついつい期待しちゃっているものですよ。

READ MORE
プレゼント

敬老の日にぴったりの植物

おじいちゃんおばあちゃんの暮らしに自然を。敬老の日ギフトに悩んでしまったら盆栽やお花にしてみるのもいいですね。

READ MORE
プレゼントボックス

敬老の日に一言贈ろう

物も大事ですが、言葉を贈るのも大事なこと。敬老の日には、普段なかなか伝えられない感謝の気持ちを2人に伝えてあげましょう。

READ MORE

通販サイトから注文

家族

スマホでリサーチ

今では誰もがもっているスマホ。どんな商品でもタッチ一つで購入できちゃうからとっても便利ですね。もしも、遠くに住んでいるおじいちゃんとおばあちゃんに会いに行けないなら、商品を選んで敬老の日ギフトを贈ることだって可能です。

2人が好きなもの

おじいちゃん、おばあちゃんへのギフトにふさわしい商品が勢ぞろい!スイーツ、コスメ、生活用品、お酒など多種多様にある商品は選ぶだけで楽しいもの。
条件を絞り込んで探し出すとすぐに見つけられます。

おじいちゃんが嬉しいお酒

お酒が好きなおじいちゃんには、名前がボトルに彫られているお酒なんてどうでしょうか?お酒は長いこと保存できるので、寝かせて美味しい頃合を見つけるのもまた楽しみになります。
世界でただ一つのオーダーメイドのギフトにはおじいちゃんの目に思わず涙が、なんてこともありえますね。

おばあちゃんが嬉しいお花

女性はいくつになってもフラワーギフトは嬉しいものです。特に、自分の好きなカラーだとなおさらでしょう。おばあちゃんの好きなカラーでまとめたお花を、直接手渡しに行ってみませんか。

できれば手渡し

あなたの住む地域から、おじいちゃんおばあちゃんの家は近いでしょうか。遠くに住んでいるなら、敬老の日を機会に顔を見せに行ってみませんか。
いつまでも長生きする秘訣は、普段から子や孫の元気な姿をみることでもあるのです。できることなら手渡しがおすすめ。

昔の遊びを一緒に

今ではテレビゲームなど最新の玩具が増えていますが、おじいちゃん達の時代にあったあやとりやお手玉、けん玉を一緒に楽しむ時間も素敵。その時間こそがギフトになります。

おじいちゃん、おばあちゃんに喜ばれる贈り物!Best5

no.1

健康アイテム

堂々の第一位!年齢を重ねると、どうしても足腰がどんどん弱くなっていきます。そんなおじいちゃんとおばあちゃんに、いつまでも元気でいて欲しいなら血圧計やマッサージチェアなど、健康アイテムを贈ってみませんか?

no.2

肩たたき券

もはや、これはど定番中のど定番。いつもの感謝を込めて肩たたきをしてあげましょう。お金の掛からないギフトでも、気持ちが何より一番大事。孫から体をいたわってもらえると思わず笑みがこぼれますね。

no.3

いっしょに過ごす

物ではなく、いっしょに過ごす時間が欲しいというおじいちゃんやおばあちゃんは多いもの。遠方に住んでいるとなかなか会いにいけないものですが、この日ばかりは顔を合わせてみませんか。

no.4

手料理

いつもふるまわれる側なら、たまには自分から手料理をふるまってみましょう。おもいがけないサプライズにするとより喜ばれますよ。大好物のリサーチは必須。

no.5

お花

自宅などの空間にお花があると誰でも落ち着きますよね。おじいちゃんには盆栽なんてどうでしょうか?お庭に一つ、孫からの贈り物があると見る度に喜びが蘇ります。

フラワーギフトは通販で!予算に合わせて選べる♪
引き出物選びに悩んでいるなら注目!晴れ舞台を華やかに彩ろう♪
【PR】
敬老の日のギフトをお探しの方必見!
喜ばれそうな品がネットで注文できる!

ギフトを贈るときのマナー

挨拶をする

親しき仲にも礼儀あり。頻繁に会っていても会っていなくても、祖父母と顔をあわすときは元気いっぱい挨拶してあげましょう。それだけで嬉ししいもの。

のしには注意

正式なギフトには、よくのしが貼られることがあります。のしを貼るときには敬老の日にぴったりな「ちょう結び」に仕上げましょう。お祝いを意味する水引です。

遅れは禁物

できる限り、敬老の日ギフトは当日、または前後1ヶ月以内に贈ること。あまりにも遅すぎると返って迷惑になってしまいます。マナーを考えてギフト選びをすること。

食べ物の期限

飲食物を贈るときは消費期限や賞味期限にご注意を。あまりにも短い消費期限だと、すぐ食べられないときに困り物になってしまいます。

いっしょに笑顔を

ギフトだけではなく、その時間を楽しいものにする為にもにこやかに過ごしてみて。せっかく会えても、ブスっとしていてはもったいありませんね。

広告募集中