早すぎず遅すぎず、ぴったりの年齢を見つけよう

プレゼントボックス

何歳からお祝いするの?

婦人

そもそも何日?

以前まで、敬老の日は9月15日と日にちが決められていました。しかし、今では9月の第三月曜日と定められています。その理由は、秋の連休に仕上げる為だとされていて、ゴールデンウィークにならってシルバーウィークとも言われていますよ。

年齢に決まりはなし

敬老の日は成人のように、一定の年齢を迎えるときがそのときだ、ということはありません。これはあくまで目安ですが、一般的には65~70歳がそれにあたるだろうとされています。

子より可愛い孫

子どもより孫が可愛い、というのは孫が生まれると実感するでしょう。目に入れても痛くないほどだ、と公言する祖父母は多く、ささやかな敬老の日ギフトでも大喜びしますよ。
敬老の日にはぜひわが子を連れておじいちゃんおばあちゃんの家に遊びに行きましょう。

いつまでも元気に

年齢に限らないことですが、人の命はいつまで続くか分からないもの。一瞬一瞬を大切に過ごさなくては、後で後悔することにも。
年にたった一度のお祝いの日に、家族全員揃うだけでも後には輝くほどの思い出になるのです。

孫と一緒に行きたい!やってみたい!最高の1日にしよう

やっぱり旅行へ

日ごろの日常とは違う旅行は貴重な時間。大好きな孫との旅行計画を、敬老の日があるシルバーウィークに重ねるのもいいですね。

一緒に料理

料理好きのおじいちゃんおばあちゃんは、自分の技術を誰かに受け継いで生きたいもの。子どもはもちろんですが、幼い孫と料理するのも楽しみの一つ。

公園での散歩

旅行ほど大きなお出かけじゃなくても満足するもの。孫がまだ幼いうちにしかできない遊びの時間をたくさん設けられますように。

動物園や水族館

子どもというのは動物が大好き!一度にたくさんの動物と楽しめる動物園や水族館は、幼い孫にとって未知の世界になるかも?そこで動物を教えるのもまた一興。

先祖の供養

おじいちゃんおばあちゃんも昔は子どもだったもの。先祖代々受け継いできた命を大切にする為にも、家族のお墓参りに行くことは大事ですよね。

広告募集中